ブログトップ

今・昔 きもの・おび 悦

小千谷ちぢみ

 関東地方も梅雨に入ったと発表があったものの、今日は寒い、とても寒いです。
先週は暑く、六月に入ったことだし下着でけでも涼しくしようと(どうせ見えないしー)、早々と麻の長襦袢を着ていたのに、今日は袷の着物を着たいくらいです。

 小雨交じりのど~んよりとした空、気分だけでも明るくしないとね。
梅雨が明けて、夏になったら何を着ようかな~?
大好きな夏着物、考えているだけで気分は青空、真夏の太陽です !?



 浴衣を卒業して今年は夏の着物に挑戦! と考えてる方におすすめ、小千谷ちぢみです。
一枚目は無難に、無地の紺色はいかがでしょうか。
「夏に濃い色は、暑苦しく見えるのでは?」
と質問される方もいらしゃいますが、襦袢の透けた様子が、白い着物よりも涼しげに見えるという声が多く聞かれます。
足元も雪駄で、かっこよく決めてくださいね。
b0178212_11572561.jpg

           着物 : 小千谷縮 ¥31.500,- (丈139.5cm、裄71cm)



 こちらはちょっと粋な雰囲気の、縦縞の小千谷ちぢみです。
生成り色に、ピンクがかった薄い小豆色の縞模様です。
縞模様と言っても、すっきりといた色合いなので、帯は薄色でも濃い色でも柄物でも、コーディネートが楽しめます。
b0178212_2233052.jpg

         着物 : 小千谷縮  (丈163cm、裄69cm)  未使用
                                          
                                              by かめ彦


●商品に関するお問合せは、03-3828-2055まで
●営業時間  12:00 ~ 19:00 
●定休日  日曜日・月曜日
[PR]
by etujapan | 2012-06-12 13:46 | ブログ