ブログトップ

今・昔 きもの・おび 悦

流水文様

 流水文様の付下訪問着が新入荷しました。
ミルクココアを思わせるような、ほっくりとした色合いの地は、重さも十分にある、しっかりとした縮緬です。
単調な色使いの絵付けですが、勢いのある筆使いで、存在感のある着物です。
流水文は一年を通じて着られる文様、季節の花の帯とコーディネートしても素敵です。
ご年配の方におすすめです。
b0178212_17151136.jpg

                着物 : ¥18.000,- (丈159cm、裄63cm)
                                          



 先週末、我が家のストーブがついに壊れました!!
20年とちょっと使い続けたストーブです。(私は物持ちがいいと、よく友人に誉められます。)
毎年、冬が来るたびに寒い部屋を、時には寒い心を、暖めてくれたストーブです。
そのストーブは、震災の影響で、電気も使わず煮炊きもできる優れモノということで、この冬、再び脚光を浴びて、売り上げがぐぐぐ~んと伸びた「反射式石油ストーブ」です。
私はこのストーブの匂いが大好き、石油温風ファンヒーターの乾いた匂いではなく、反射式石油ストーブの湿ったような匂いが好きです。
 子供の頃から母は毎年、お正月が過ぎた頃になると、「小豆がいい~あんばいに煮えるのよ~。」 と言いながら、小豆の入った鍋をストーブの上にのせて甘~いあんこを作ります。
ストーブの上にのせているだけで、弱火でコトコト、ふっくらと小豆が煮えます、お試しあれ。
私の作るあんこは甘さ控えめ、ストーブの上に焼網をのせてお餅を焼いて、あんころ餅を食べるのが冬の楽しみです。

 壊れたストーブに、「ストーブちゃん、今までありがとね。長い付き合いだったね。もーお別れだね。」 などと声をかけ、感傷に浸っていたけれど・・・、寒いのはイヤです。
早々に買いに出掛け、数時間後にはピッカピッカの二代目ストーブ到着 ♪
点火する時に、「ピーーーッ!」っと音が鳴って、思わず「オーーーッ!」 さすが最新モデル!
今までのは点火装置もずいぶん前に壊れて、チャッカマンで点火するのがあたり前になっていたので、ちょっとビックリ。
ヤカンをのせると、ストーブがピカピカだから、ヤカンが妙にぼろっちく見えました。

 新しいストーブとはこれから何年の付き合いになるのかしら?
気が付けばまた20年の長~い付き合いで、「ホント物持ちがいいのね。」 と友人に誉められそうな気がします。(笑)
 20年後、こんなアナログな私でも、幸せに暮らせる世の中であってほしいものです。

                                           by かめ彦

 

●商品に関するお問合せは、03-3828-2055まで
●営業時間  12:00 ~ 19:00 
●定休日  日曜日・月曜日
[PR]
by etujapan | 2012-03-09 11:57 | ブログ