ブログトップ

今・昔 きもの・おび 悦

波の帯

寒い日が続いてますが、テレビで、雪国の方が毎日の雪かきで苦労されてる映像を見ると、
「東京も今朝は氷が張りました~。」 
なんて、悠長なことを言ってると罰が当たりそうです。
雪かきの作業中に事故のない事を祈っています。



日本列島寒波に覆われているから、と言うわけではありませんが、波の模様の帯2本、新入荷したのでご紹介します。


遠くから見ると青海波、近くから見ると扇面松、松青海波と呼ぶのでしょうか。
藍染めの本大島に、大島の糸を編んだものをかがり刺繍した、大変手の込んだ帯です。
穏やかな青い海に、漁の網が垂れているような柄ですね。
b0178212_12492757.jpg

            帯 : 名古屋帯 (3m75cm) 未使用



波間に踊る鯉、超有名な柄 「荒磯文」の帯です。
白地に焦げ茶色の、少し男性的な雰囲気も持ち合わせた、塩瀬の染め帯です。
お茶席など、多方面で活躍しそうな帯です。
b0178212_1032375.jpg

            帯 : 名古屋帯 ¥28.350,- (長さ3m50cm) 未使用


                                               by かめ彦

●商品に関するお問合せは、03-3828-2055まで
●営業時間  12:00 ~ 19:00 
●定休日  日曜日・月曜日
[PR]
by etujapan | 2012-01-27 13:05 | ブログ