ブログトップ

今・昔 きもの・おび 悦

夏の礼装

先日、お友達から受けた相談。
8月に会社の同僚の結婚披露宴に招待されたそうです。
場所は大きなホテルの宴会場。
ぜひ、きものを着たいけど、何を着たらいいの?

夏の礼装、着てみたいけど、暑いから・・・。
と、おっしゃる方が多いと思います。
確かに真夏の炎天下で、絹のきもので歩いたり電車の乗り降りは大変です。
大汗をかいた後のお手入れを考えると、洋服の方が楽ちん。

しかし、ホテルの披露宴はチャンス!
ホテルには快適な更衣室があります。
夏の着物は薄く軽いので、一式手持ちでも、たいした重さではありません。
冷房の効いた大きな鏡のある更衣室、どんどん利用したいものです。

黒い式服が多い結婚式場、絽や紗の清涼感のある夏きものは、本当にすてきです。
絵付けのされた訪問着や付下げは、華やかで一度は着てみたいですね。
色無地の一つ紋は上品な印象で、一枚持っていると、重宝します。


芙蓉の花と秋草が描かれた訪問着です。
水彩画のようなやさしい印象です。
b0178212_17582648.jpg

                絽訪問着 : ¥29.400,- (丈154cm、裄64.5cm)

このたび結婚されるお二人も、3月の震災で、披露宴を予定どおりするべきか、ずいぶん悩まれたそうです。
ぜひぜひ幸せになって下さいね。
きれいな花嫁姿、ご家族やお友達、みんな楽しみにしていますよ。

                                              by かめ彦


●商品に関するお問合せは、03-3828-2055まで
●営業時間  12:00 ~ 19:00 
●定休日  日曜日・月曜日

[PR]
by etujapan | 2011-06-19 12:45 | ブログ