ブログトップ

今・昔 きもの・おび 悦

寒っ!

東京はこの冬一番の寒さです。
空はスカッと青いのですが、とにかく寒い!

寒くなると必ず出てくる、「着物の寒さ対策」の話題。

女子の着物は寒いのです。
首は思いっきり出てるし、身八つは開いてるし、裾がヒラヒラしてるのは男女一緒ですが。
首はショールを巻くとして、ひじのあたりが寒いのは、我慢してる方が多いのです。
袖口から婆シャツが覗いてたとしたら・・・、想像したくないですよねー!
足の方は皆さん、いろいろ工夫されてます。
和装ストッキングも売ってますが、薄いのがいまいち。
タイツをはいて、指の又は思いっきり伸ばして足袋を履くという方。
足首までのスパッツ(レギンスともいいます。)をはくという方。
しかし、どちらも駅などの階段を上る時、チラッと見えてしまうのが難点。
解決方法は一つ、「早足で駆け上る!」だそうです。(笑)

男子のお客様は以外と、袖口が寒いという方が多いです。
昔のお父さんのようにラクダのシャツに股引、昭和の薫りがして私は好きですが、
ちょっと今時ではないですね。
しかもラクダはキャメルと呼ばれる高級下着と変り、庶民の手の届かないものになりました。
袖口から白いシャツが出てるのも、ちぃーっとかっこ悪いような。
解決方法はやはり、「我慢する!」でしょうか。


私の好きな椿の帯のご紹介。
年が明けて今日のような寒~い日は、椿の帯が似合います。
シックな小豆色にちょっとマンガチックな椿の花、このミスマッチがいいですね。
b0178212_1681856.jpg

b0178212_1683670.jpg

               名古屋帯 : 塩瀬 24.150円 (未使用品)

                                       by かめ彦


●商品に関するお問合せは、03-3828-2055まで●
[PR]
by etujapan | 2011-01-07 16:39 | ブログ