ブログトップ

今・昔 きもの・おび 悦

ゆかた洗います

まだまだ暑い日が続くそうですが、夏に着た着物のお手入れをしなければ。

クリーニング屋さんには「ゆかた洗います」の張り紙を見ますが、浴衣くらいは自分で洗いたいものです。
まずは大きなたらいに水を張って・・・、と、書きたいところですが、ずぼらな私はネットに入れて、洗濯機にポイッの弱水流でガァァァーーー。
でもその前に、白地のものは衿と袖ぐりと脇の下あたりは、洗濯石鹸で揉み洗いしておきます。皮脂や汗の汚れは、しっかり落としておかないと、後になって黄ばんできますからね。
洗濯機が止まったら、衣文掛けに掛けて、両手の平でパンパンパンパン。
陰干しして、乾ききらないうちにアイロンがけです。
きせを気にしながら、袖の丸みや衿のボコボコしたところは、強くかけると照ってしまうので、当て布をして慎重に。
またまた衣文掛けに掛けて、衿の中とかは布地が何枚も重なっているので、しっかり乾かします。
畳んで、最後に押しをするとピタッとなるのですが、まぁいいか省略。
私流のやり方ですが、仕上がりは何とも気持ちのいいものです。
「来年もよろしくね~!」

b0178212_1628263.jpg

浴衣は着るけど、着物は難しそう・・・、尻込みしていませんか?
写真のコーディネートは、単衣の綿紬にポリエステルの半巾帯です。
価格もトータル6.675円です。
半巾帯なら浴衣で慣れてるし、気軽に着物デビューしましょ!!

b0178212_16331430.jpg

          黒地に白のあられ、蝶々のようなお花のような不思議柄。
          単衣きもの : 3.000円  綿紬(丈156cm、裄65cm)

b0178212_16295294.jpg

          うさぎが楽しそうに飛んでます。
          半巾帯 : 3.675円  ポリエステル

                                        by かめ彦
        

●商品に関するお問合せは、03-3828-2055まで●
[PR]
by etujapan | 2010-09-03 19:07 | ブログ