ブログトップ

今・昔 きもの・おび 悦

真夏のアッパッパ

台風の影響で、ここ谷中は風が吹き荒れてます。
窓から見えるお隣のビワの木も、激しく揺れてます。

ちぃーっと気になったお客様の会話。
「私の母なんか一年中きもの着てたわよー。」
「昔はみんな着てたわよねー、夏だけ洋服着てね。」
「そうそう、アッパッパねー!」(笑)

アッパッパ、なんてノスタルジックな響きかしら。
ふわっとしたワンピース。
大正生まれの私の祖母も、一年中きものでした。
真夏のほんの一時期だけ、
「暑くてダメだわ~。」
と、別に言い訳しなくてもいいのに、アッパッパに着替えてました。
夕方涼しくなると、浴衣に着替えたり、まあ忙しいこと。

子供の頃、夏になると商店街の洋品店の店頭に、アッパッパたくさん吊るしてましたよね?
ところが見当たらないんですよ、谷中銀座にも、家の近所の〇〇銀座にも。
アッパッパ、どこへ消えたの?

昔の女の人は、きちんとしていましたね。
お洒落さんがたくさんいましたね。
一年中アッパッパみたいな洋服を着てるこの時代、あの世で祖母も嘆いてそう・・・。
この夏は暑過ぎて、薄物を一度も着てないという声もきこえますが、ここはひとつ頑張って、着物でお出かけしませんか?
当店では8月31日まで夏物セール開催中!
八月も残り半分、まだ間に合いますよ~。
b0178212_14451516.jpg


by かめ彦
[PR]
by etujapan | 2010-08-12 16:43 | ブログ