ブログトップ

今・昔 きもの・おび 悦

鶴の帯

 一月も後半ですが、旧正月までは新年気分の着物を着たいなーと思います。 
ということで今回は、鶴の帯2本のご紹介です。
「鶴は千年、亀は万年」長生きしそう~、めでたいね~ ♪


 お太鼓に一羽の鶴…、シルエットだけなのに存在感があります。
塩瀬の名古屋帯、頭と羽の輪郭に部分的に金糸の刺繍が刺されています。
小紋や紬と合わせて、アンティークの着物にも合いそうな色使いですね。


b0178212_15515734.jpg



b0178212_15520777.jpg



b0178212_15521675.jpg



b0178212_15522669.jpg

帯 : 正絹 名古屋帯 ¥8.640,- (長さ3m82cm) no-2043




 丸帯を名古屋帯に直したものですが、やはり織りが豪華なので、眺めているだけでめでたい気分になってくる帯です。
裏側は富士山と鷹、こちらは力強いですね。


b0178212_16174698.jpg



b0178212_16175670.jpg



b0178212_16180727.jpg



b0178212_16181639.jpg

帯 : 正絹 丸帯直し ¥5.000,- (長さ3m70cm) mo-1881

by かめ彦



●商品に関するお問合せは、03-3828-2055まで
●営業時間  12:00 ~ 19:00 
●定休日  日曜日・月曜日


ランキングに参加始めました!!クリックよろしくお願い致します。

にほんブログ村

[PR]
by etujapan | 2018-01-23 17:12 | ブログ